メガネをしていても気軽にサングラスをかけたいと思いませんか?

GRETA(グレッタ) AK8021とサングラスケース

自転車用に新しいサングラス『GRETA(グレッタ) AK8021』を購入しました。

このサングラスは、度付きインナーレンズがついています。

だから、普段メガネを掛けている人でも大丈夫。

また、外側のミラーレンズを90度跳ね上げることができます。

いつもスモークレンズを使っているのですが、今回は冒険して”レッドミラー”をチョイス。

しかもこのレンズには偏光もついているからギラツキに強い!

スポーツ用サングラスの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

GRETA AK8021とは

仕様

製品名AK8021
サイズ66□40 / 16-138mm
横幅:約145mm (前面)
内寸:約142mm (左右テンプルの内側幅)
外寸:約151mm (左右テンプルの外側幅)
素材フレーム:プラスチック
パッド&モダン:エラストマー樹脂
レンズカラーシルバーフラッシュミラー(偏光)可視光線透過率:15%
レッドスモークミラー(偏光)可視光線透過率:17%
ブルースモークミラー(偏光)可視光線透過率:8%

度付きインナーレンズ付、跳ね上げ偏光サングラスです。

偏光レッドスモークミラーレンズ

GRETA(グレッタ) AK8021、レッドミラーレンズ

レンズカラーは偏光レッドスモークミラー

可視光線透過率は17%。

晴天から曇りまで対応します。

度付きアタッチメントが付属

GRETA(グレッタ) AK8021のインナーレンズ

アタッチメント式のインナーレンズが付属しています。

普通のメガネと同じレンズで作れます。

カーブレンズより「レンズ代が安上がり」というメリットがあります。

サングラスのインナーレンズ

よくあるインナーフレーム付きサングラスは、このようにフレーム内側にセットします。

こういうタイプだと目とインナーフレームが近すぎるというデメリットがありました。

GRETA(グレッタ) AK8021の鼻パッド

「グレッタ AK8021」はレンズを”フレームに嵌め込む”ようになっています。

そのため、インナーレンズがありながら普通のメガネのように掛けられます。

レンズがまつ毛に当たることがありません。

跳ね上げ式サングラス

GRETA(グレッタ) AK8021は跳ね上げ式サングラス

約90度レンズを跳ね上げられるようになっています。

GRETA(グレッタ) AK8021を正面から跳ね上げた状態

跳ね上げ式なら暗い場所やコンビニなどに入るときに便利です。

私の場合、外でスマホを見るときに役立っています。

鼻パッドと先セルが調節可能

GRETA(グレッタ) AK8021は鼻パッドと先セルを調節可能

鼻パッドと先セルは、簡単に調節可能です。

指でグニグニ曲げることができるので、どんな顔にもフィットします。

レッドミラーレンズの見え方

偏光レッドスモークミラーの見え方

サングラスのレンズ越しに、カメラで撮影しました。

レッドミラーだと景色が少しだけ青っぽく見えます。

画像でも若干青くなっているのが確認できるかと思います。

青みは掛けはじめだけで慣れてくると感じなくなります。

レッドミラーはコントラストが上がってクッキリ見やすいのが特徴です。

ミラーレンズの見え方は以下の通り。

  • レッドミラー → 薄い青 (赤色光線を反射するため)
  • ブルーミラー → 茶(黃)色っぽい (青色光線を反射するため)
  • ゴールドミラー → 少し濃い青 (黄色光線を反射するため)
  • シルバーミラー → 若干暗くなる程度 (色調の変化は無い)

普通のサングラスだとレッドレンズは赤っぽく見え、ブルーレンズは青っぽく見えます。

しかし、ミラーレンズの場合はカラーによって見え方が変わるので注意が必要です。

まとめ

サングラスの掛け外しが煩わしい方には、「跳ね上げ式サングラス」が大変便利です。

インナーレンズが邪魔にならず掛け心地が抜群。

また、偏光レンズは車の運転手の顔がよく見え、路面のギラツキ等をカットしてくれます。

このサングラスはルディプロジェクト インパルスに似ています。

あちらは価格が3万円以上と高く、偏光レンズだとさらに高価です。

一方、「GRETA(グレッタ) AK8021」はイーメガネというお店で「HOYA 非球面1.60レンズ」が付いて、たったの12,000円で購入することができます。

↓気になる方はこちらから

ウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました