【レビュー】FSA Omega コンパクトバー|コンパクトハンドルに交換する

FSAオメガ、コンパクトハンドル

コンパクトハンドルに交換しよう!

おすすめは『FSA Omega コンパクトバー』です。

こいつは、とってもリーズナブルなコンパクトハンドルなのです。

自転車用ハンドルの売れ筋ランキング

スポンサーリンク

OMEGA コンパクトバーとは

スペック

製品名Omega コンパクトバー
素材6061-T6 ダブルパテッドアルミ製
バークランプ径380, 400, 420mm
サイズブラック
リーチ80mm
ドロップ125mm
重量296g (400mm)
参考価格¥4,903

リーチ・ドロップ量の小さいコンパクト形状。

ドロップ部を4度外側に拡げ、握ったときのクリアランスを向上させています。

コンパクトハンドルの特徴

FSAコンパクトハンドルのリーチとドロップ

コンパクトハンドルというのは、突出し(リーチ)や落差(ドロップ)が小さいハンドルのことです。

FSAのコンパクトハンドルのサイズは以下の通り。

  • リーチ:8cm
  • ドロップ:12.5cm

STIレバーをより手前に設置できます。

今まで遠かったレバーを楽に握ることが出来ます

ハンドルサイズ(芯~芯)

  • 380mm(上360、下380)
  • 400mm(上380、下400)
  • 420mm(上400、420)

FSAのサイズ選びはちょっと注意が必要です。

FSAコンパクトハンドルのサイズ

420サイズを選ぶとドロップ部の幅が42cm(芯~芯)

STIレバー取り付け部の幅は40cmになります。

これはSTIレバー取り付け部からドロップ部にかけてハの字状に広がっているためです。

そのため、手首に負担がかかりにくく、下ハンが握りやすいのです。

上ハンドルがフラット

FSAコンパクトハンドルの上ハンドル部分はフラットになっている

FSAオメガコンパクトは、上ハンドルがフラットになっているので握りやすい。

またアウターケーブルを通す部分に凹みがあるので配線しやすいです。

人間工学を考慮してつくられているのはもちろんのこと、様々な工夫が施されています。

ハンドル交換後の比較

コンパクトハンドルに交換

コンパクトハンドルに変更すると見た目がスマートになってカッコよくなります。

また下ハンドルは落差が減って姿勢が楽になります。

STIレバーを握る場所をより手前に設置できます

もし興味あればコンパクトハンドルをチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました