アクションカメラ「Xiaomi Yi」の撮影可能時間は?

アクセサリー

xiaomi yiアクションカメラとモバイルバッテリー

Xiaomi Yiの撮影可能時間をはかってみました。

また、モバイルバッテリーを使用したときの撮影可能時間も調べてみました。

モバイルバッテリーはAnkerの3350mAhです。

スポンサーリンク

使用機材

Xiaomi Yi

中国のアップルといわれるXiaomiのアクションカメラ。

1080p 60fpsのフルHD動画を撮影することができます。

現在は4k動画も撮れるYi 4kがオススメです。

Anker モバイルバッテリー

スティック型ながら5000mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

今回の検証は古いモデルの3350mAhを使用しています。

撮影可能時間

Xiaomi Yi 単体 (1010mAh)1時間20分
モバイルバッテリーのみ (3350mAh)3時間25分
Xiaomi Yi+モバイルバッテリー4時間45分

結果はこのようになりました。

カメラ設定

  • 1920×1080 60fps 16:9
  • クオリティ High
  • Wi-Fi オフ

モバイルバッテリーと組み合わせることで4時間45分撮影可能でした。

しかも一番高品質な設定でこの撮影時間です。

今回は3350mAhでしたが、5000mAhなら6時間近く行けるのではないでしょうか。

ちなみに60fpsから24fpsに落としてテストした場合、Yi単体の1010mAhで3時間10分も撮影できました。

モバイルバッテリーの固定方法

モバイルバッテリーと自転車の固定方法

筒型のモバイルバッテリーは『バイクガイ ライトホルダー』で固定可能です。

ちなみにアクションカメラ、モバイルバッテリー、カメラマウントなど全て含めた重量は約200gでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\記事が役に立ったらシェアしてね/
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました