ヤマト便がサービス内容変更、これから自転車を発送するならどこがいい?

自転車の輸送用ダンボール

自転車を発送する場合、どこが一番安上がりか?

今までは輸送用の箱があるなら「ヤマト便」を使用するのが一番でした。しかし、ヤマト便は2017年6月19日にサービス&運賃の改定があり、「3辺の合計が200cmまで」になってしまいました。

200cmの箱にロードバイクを詰められるのか?というと難しい。それに箱の入手自体が困難です。なぜなら自転車輸送用の箱は240サイズくらいが普通だからです。

自転車の発送にヤマト便が利用ができなくなった今、どこの配送会社を利用するのが一番なのか?

スポンサーリンク

東京~大阪の送料

ヤマト運輸が値上げを始めてから、それに続けとほとんどの運送会社で値上げが始まってしまいました。

仕方のないことかもしれませんが、通販を頻繁に利用する人間は参ってしまいますね。できるだけ安いところを利用したいものです。

私なりに各運送会社の送料を調べてみました。

配送会社送料(税込み)
ヤマト運輸 ヤマト便送料 3,911円 (※3辺200cmまで)
佐川急便 飛脚ラージサイズ宅配便送料 4,914円
西濃運輸 カンガルー自転車輸送便送料 4,530円 / 箱代 2,700円 / 合計 7,230円
シクロエクスプレス送料 4,212円 / 箱代 3,672円 / 合計 7,884円

※ダンボール箱のサイズ:3辺(幅、高さ、奥行)合計240cmの場合
※ヤマト便のみ3辺200cmの送料

箱を購入する場合

箱が必要な場合は「西濃運輸」が一番安い。次点で「シクロエクスプレス」です。

この2つはホームページからのみ受け付けをしてます。

西濃運輸は営業所で頼むと送料が高くなるので注意。必ずカンガルー自転車輸送便のホームページから配送の手配をしてください。

箱がある場合

3辺240cmまでの箱があって箱を購入する必要が無い場合、「シクロエクスプレス」の送料が一番安いです。

次点で「佐川急便」ですが、400円ほどしかか変わりません。シクロエクスプレスの手続きが面倒なら佐川でもいいですね。

ヤマト便の活用方法

ヤマト便は三辺の合計が200cmまでになってしまいましたが、まだ使い道はあります。

「自転車フレーム・ホイール・折りたたみ自転車」などの発送で役立ちます。170~200サイズまでの発送ならこれまで通り安く済ませることができます。

タイトルとURLをコピーしました