5箇所パンク修理しても走行時の違和感なし!マルニのパッチは優秀だ

5箇所パンク修理した自転車チューブ

5箇所もパンク修理したチューブを使っていたので、さすがに新品のチューブに交換しました。

ところで、「こんなに修理パッチを貼って乗り味が変わらないの?」と思う方もいるでしょう。

全く影響ないとは断言できませんが、少なくとも私は問題なく乗れていました。

これはたぶん、パンク修理に使った“マルニのパッチが優秀”だったからじゃないかと思っています。

自転車パンク修理キットの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

マルニの修理パッチとは

マルニの自転車修理パッチ

マルニは日本唯一のパンク修理剤メーカーで、国内外から厚い信頼を得ています。

私はK-580という30枚入りセットを購入しました。

ロードバイク、クロスバイク等の細いチューブの修理に最適なパッチ。

セット内容はパッチ30枚、サンドペーパー1枚、専用ケース。

マルニのパンク修理パッチは厚さ0.8mm

直径20mmの円形タイプで、厚さはわずか0.8mm。

超薄型なので、修理後の走行時に起こる違和感を軽減してくれます。

走行時の違和感を軽減

マルニのパンク修理パッチをチューブに貼った状態

上の画像はチューブに円形の跡がついてるだけに見えますよね?

これ実は修理パッチが貼ってある状態なんです!

ぱっと見だと薄すぎてわかりません。

パンク修理パッチを貼ったらタイヤパウダーを塗る

チューブに空気を入れてみました。

パッチがチューブにピッタリ密着、段差がまったくありません。

そして、このパッチはゴム製だから伸縮性抜群。

空気を入れてもタイヤがいびつになりにくい。

ちなみに、チューブが白くなっているのは「タイヤパウダー」を塗っているからです。

パンク修理した直後のパッチは周辺がベタベタしていて、そのままタイヤにチューブを入れるとタイヤに張り付いてしまいます。

チューブの張り付きを防ぐためにもタイヤパウダーを塗ってからタイヤに入れましょう。

関連記事:タイヤパウダーをベビーパウダーで代用しようと思ってる人ちょっと待った!

普通のパンク修理パッチをチューブに貼った状態

これはよくあるパンク修理パッチ。

これオレンジのところが剥がれやすくて失敗しやすいんですよね~。

しかもパッチが伸びないからチューブに空気を入れるとくびれてしまう。

たぶん、これが走行時の違和感の原因になってるんじゃないかな。

マルニのパンク修理パッチは失敗しにくい

その点、マルニのパッチは貼りやすく、今まで一度も失敗したことがありません。

パッチを貼ったあと空気漏れしたこともない。

透明なフィルムを剥がしたとき、一緒にパッチが剥がれたこともないです。

とにかくこのパッチは優秀だ。

さすが”MADE IN JAPAN”日本製のパッチは素晴らしい!

タイトルとURLをコピーしました