ポンプヘッドの交換で空気入れがめちゃ捗る!バルブの脱着が超簡単に

airborn ポンプヘッド ZT-A15

今回紹介するのは、『airborn(エアボーン)クイックポンプヘッド ZT-A15』というアイテム。

手持ちの空気入れのポンプヘッドを、これに付け替えて使用します。

「なんで、わざわざ交換するの?」という方もいると思います。しかしこれが使ってみると、ビックリするくらい快適なんですわ(笑)

自転車用フロアポンプの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

airborn ZT-A15とは

バルブは米式と仏式に対応していて、ワンタッチで切り替えることが可能。

対応ホースは、内径3.5~4mm、外径8.5mmと10mmで、2種類のスクリューキャップが付属します。

チューブのバルブ形状は、ネジ式・ネジなしのどちらにも使用可能です。

airborn ポンプヘッド ZT-A15のパッケージ

パッケージは英語でしたが、中に日本語の説明書が入っていました。

airborn ZT-A15の説明書

取扱説明書 [画像をクリックで拡大]

airborn ZT-A15のポンプヘッドにあるブルースリーブ

ポンプヘッドはとてもコンパクト。

ヘッド本体の重量は31gです。

“ブルースリーブ”という青いパーツを上下させて操作します。詳しくは下で説明しています。

airborn ZT-A15のエアリリースボタン

ここにエアリリースボタンが付いています。

airborn ZT-A15の対応ホースサイズ

ブラックとグレーのスクリューキャップが付属します。

  • φ10mm×φ3.5~4mm用
  • φ8.5mm×φ3.5~4mm用

ホースの外径Φ8.5mmと10mm、内径φ3.5~4mmに対応。

ポンプヘッドを交換する

TOPEAKの空気入れ、ジョーブロースポーツ

私の空気入れは、TOPEAKのジョーブロースポーツです。

もうかれこれ5年以上使っています。他の空気入れも使ってみたい気持ちはありますが、壊れないんだから仕方ない(笑)耐久性が高いのは良いことだ。

関連記事:【レビュー】トピーク JoeBlow Sport II|空気入れに迷ったらこれ!

TOPEAK ジョーブロースポーツのポンプヘッドを交換する

ポンプヘッドの交換は超簡単。

ポンプヘッドとホースの付け根にあるキャップを回せば、簡単に外れます。

TOPEAKの空気入れのポンプヘッドを交換する

ホースの先に栓がしてあるので、これも外します。

あとは、キャップをホースから抜き取れば準備完了。

TOPEAK ジョーブロースポーツのホース径

ちなみに、このホースはφ10mmでした。

airbornのポンプヘッドをホースに取り付ける

黒いキャップは穴が小さくて入りませんでした。たぶん、φ8.5mm用なんでしょう。

グレーのキャップはピッタリ入ったので、こいつで取り付けます。

airborn ポンプヘッド ZT-A15

交換完了!

おぉー、デフォルトのレバー式より、だいぶコンパクトになりました。

仏式バルブを選択する

airborn ZT-A15のバルブを米式から仏式にする

デフォルトでは「S」の米式バルブになっているので、「P」の仏式に切り替えなくてはなりません。

airborn ZT-A15のバルブ米・仏を切り替える方法

ブルースリーブを下げて、Pの位置まで回転させます。

airborn ZT-A15を仏式バルブにする

Pの位置になったら、ブルースリーブを上に戻します。これで仏式バルブに切り替えられました。

ポンプヘッドの脱着方法

airbone(エアボーン) クイックポンプヘッド ZT-A15の使い方

ポンプヘッドを脱着する流れを動画に撮ってみました。

動画ではあえてゆっくり紹介していますが、スムーズに行えば、さらに素早く脱着できます。

以下、画像で詳しく説明していきます。

チューブのバルブにairborn ZT-A15のヘッド差し込む

まず、バルブの奥までヘッドを差し込みます。

これはネジ式バルブですが、ネジなしバルブにも使用可能です。

airborn ZT-A15のブルースリーブを下げる

次にブルースリーブをカチッと下げます。

airborn ZT-A15のブルースリーブを時計回りに回転させる

ネジを締めるようにブルースリーブを回します。

すると、バルブにガッチリ固定されるので、あとは空気を入れましょう。

airborn ZT-A15のブルースリーブを上に戻す

空気を入れ終わったら、ブルースリーブを上に戻す。

するとロックがすぐに解除されます。

バルブからairborn ZT-A15のポンプヘッドを外す

想像より軽い力で外れると思います。

ブルースリーブを上げるのと同時にバルブを抜くことで、一瞬で外すことも可能です。

ここまでの一連の動作を頭に入れてから、上の動画を見ると更にわかりやすいと思います。

使用してみた感想

ポンプヘッドのギミックは、実際に使ってみないと分かりにくいところがあると思います。私もこれを買う前は、「ほんとに使いやすいのかこれ?」と疑っていましたから(笑)

Amazonのレビューが良かったので、今回試しに購入してみたわけですが、これが想像を遥かに上回るくらいめちゃくちゃ使いやすい。

具体的に言うと、ブルースリーブをバルブにねじ込んで固定するのですが、ネジを締めたみたいにガッチリ固定されるからレバー式のような不安感がない。

そして、ヘッドを外すときはブルースリーブを上に戻すだけで、あれだけ頑丈に固定されていたヘッドがワンタッチで外れてしまう。

慣れれば片手だけで、バルブの脱着ができてしまうんじゃないかな。もう快適すぎてレバー式には戻れません。ひさびさに最高と思える自転車アイテムを購入することができて満足です。

タイトルとURLをコピーしました