キャットアイのサイコン用ブラケットでハンドル周りがスッキリ快適

キャットアイ サイコン用ブラケット OF-100とOF-200

キャットアイのサイコン用ブラケット『OF-200』を購入しました。

これはサイコンをハンドルの前に突き出すために必要なアイテムです。

また、キャットアイ製のサイコンとライトを一つにまとめることができるから、ごちゃごちゃしたハンドル周りをスッキリさせることができます。

サイクルコンピューターの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

サイコン用ブラケットは消耗品

キャットアイのサイコンを指で押している

今まで「OF-100」というブラケットを使用していました。

こちらはOF-200と違って、サイコンのみのマウントです。

気に入って使用していたのですが、あるときからボタンを押しても画面が切り替わらなくなってしまいました。

キャットアイのサイコン用ブラケットは消耗品

原因は画像の白丸部分。

本来はボタンを押すと、この出っ張りが本体を押し返します。

ところが、長期間使用していると押し返す力が弱くなってしまうんです。

ここがバネとかでできてたらいいんですけど、樹脂製だからへたるのは仕方がないのでしょう。

OF-100の耐久性ですが、週末・祝日だけの使用で3年ちょっともちました。

OF-200を購入

それで今回はOF-200を購入してみました。

キャットアイ OF-200にサイコンとアクションカメラを取り付けた状態

こいつはサイコンの他に、キャットアイのライトやアクションカメラを取り付けることができる優れもの。

ごちゃごちゃしたハンドル周りをスッキリさせることができます。

実売3,500円ほどとちょっと高いのが難点。

キャットアイ OF-200にライトを取り付けた状態

ライトの取り付けイメージ。

キャットアイ OF-200 サイコン側のブラケット

サイコンのアダプター。

これはOF-100と同じ。

キャットアイ OF-200 ライト側のブラケット

これはライトを取り付けるアダプター。

一部ヘルメットに取付可能だそうです。

ライトはH-34N対応製品のみ取り付けできます。

キャットアイ OF-200のハンドルクランプ経

クランプ経はロードバイクの31.8mmに対応。

付属のゴムスペーサーを挟めば、フラットバーハンドル等の25.4-26.0mmに対応します。

もうひとつ極薄ラバーが付属しています。

これは31.8mmに使用することで、滑り止めと傷防止になります。

OF-100とOF-200を比較

キャットアイ OF-100とOF-200の実測重量を比較

OF-200の第一印象は”ずっしり重い”です。

それもそのはずOF-200の重量は、OF-100の5倍以上あります。

  • OF-100:12g
  • OF-200:66g

ライトとか重いものを取り付けるので剛性を高めているのでしょう。

キャットアイ OF-100とOF-200のアームの太さを比較

アームの太さがまったく違います。

本体は冷間鍛造アルミを使用しているので頑丈。

分解してみる

キャットアイOF-200のネジを六角レンチ2.5mmで外す

工具は六角レンチの「2.5mm」と「4mm」が必要です。

キャットアイOF-200 ライト側のネジ

反対側はこんな感じ。

キャットアイOF-200を分解した状態

すべてバラすとこのようになっています。

キャットアイ OF-200のサイコンを取り付けるアダプター

サイコンとライトのアダプターは入れ替えて使用することができます。

キャットアイ OF-200はハンドルの左右どちらにも取付可能

入れ替えてみました。

ハンドルの左右好きな向きに固定することができます。

サイコンとアクションカメラを取り付けてみる

キャットアイ OF-200にサイコンを取り付けた

OF-100より剛性があるので、サイコンをセットするときもカッチリした印象があります。

キャットアイ OF-200にアクションカメラを取り付けた

アクションカメラもこの通り。

よくある汎用のマウントで取り付けられます。

キャットアイ OF-200のネジを手で回せるものに変更

ここのネジは手で回せるものに交換しました。

こちらもピッタリ合います。

ハンドル上にアクションカメラを取り付けた状態

今まではハンドルの上にアクションカメラを取り付けていました。

私の自転車はハンドル幅54cmしかないので、ハンドルにライト、ベル、カメラ等を取り付ける場合、空きがなくて苦労していました。

キャットアイ OF-200にサイコンとアクションカメラを設置

OF-200でこうなりました。

ハンドル周りがスッキリしていい感じ。

サイコンとカメラは角度調整が可能。

カメラは逆向きですが、180度回転の設定をしておけば問題ありません。

まとめ

ハンドル周りがごちゃごちゃしてたので購入。

結果、サイコンとアクションカメラを一つにまとめられ、見た目も良くて大満足!

  • サイコンとライトをひとまとめ
  • アクションカメラも取付け可能
  • 角度調整が可能
  • ハンドル経25~31.8mmに対応
  • ステム右左どちらでも取付け可能
  • 冷間鍛造アルミでかなり頑丈
  • 少し重いのが欠点

ガタつきや落下もなく安心して使えてます。

ちょっと値段が高い気もしますが・・・

キャットアイのサイコンとライトを使っているなら、このマウントは便利です。

タイトルとURLをコピーしました