シューズ洗濯ネットに自転車シューズを入れて洗うとめちゃくちゃ楽

シューズ洗濯ネットで自転車シューズを洗う

サイクルシューズを洗う時、ブラシでゴシゴシするのは面倒ですよね?

そこで『シューズ洗濯ネット』なるものを購入してみました。

ネットの全面がクッションで覆われてるからシューズや洗濯槽を傷めない構造になっています。

洗濯機で洗えるから速くて楽ちん、便利なネットです。

ランドリーネットの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

シューズ洗濯ネットとは

シューズを傷めずに洗濯機で洗える靴用洗濯ネット。

シューズ洗濯ネットのサイズ

サイズ:約縦17×横30×高さ17cm

シューズ洗濯ネットのクッション

すべての面に棒状のスポンジが並んでいます。

計26本ありました。

シューズ洗濯ネットの内側

このクッションが洗濯槽への「ゴンゴン」という衝撃を和らげてくれます。

サイクルシューズを洗う

シマノのSPDシューズ、SH-M089

今回洗うサイクルシューズはシマノの「SH-M089」です。

サイズは44で27.8cm。

カカトからつま先まで約29cmあります。

SPDシューズの中敷きとベルクロを外す

中まで洗えるように「中敷き」と「ベルクロ」は外しておきます。

SPDシューズとシューズ用ブラシ

汚れがひどい場合はブラシと併用したほうがいいでしょう。

洗濯機だけではさすがに頑固な汚れは落ちにくいです。

シューズ洗濯ネットにサイクルシューズを入れた

はじめ洗濯ネットが思ったより小さくて心配でしたが、シューズを入れてみると丁度よくおさまりました。

程よいスペースがあっていい感じ。

入り口のファスナーは側面の一箇所だけですが、とくに狭くもなく普通に出し入れできます。

余ったスペースに「中敷き」を入れます。

サイクルシューズをシューズ洗濯ネットに入れて洗濯機で洗う

あとは洗濯機に放り込んで洗うだけ!

洗剤は粉洗剤よりよく溶ける”液体洗剤”がオススメ。

シューズ用ハンガーでSPDシューズを干す

脱水が済んだら”天日干し”します。

「シューズ用ハンガー」があると便利です。

干す場所は「日陰の風通しの良い場所」が定番ですが、「天日干し」したほうがニオイがよくとれるような気がします。

まとめ

今回使用した道具はこちら↓

ニオイが気になったら「シューズ洗濯ネット」に入れて洗濯機で洗うだけ!

洗濯機で洗えてるおかげか匂いが減り、脱水が出来てるので干す時もポタポタする事がありません。

シューズを保護しながら洗ってくれるので、シワができたり、傷むこともない。

面倒だったサイクルシューズの洗濯がとても楽になりました。

タイトルとURLをコピーしました