サイクリングに特化した究極のアンダーウェアをモンベルで発見!

モンベル ジオライン サイクルアンダーシャツとウエストウォーマーのパッケージ

モンベルから自転車用の肌着が発売されていたので買ってみました。

商品名は『ジオライン サイクルアンダーシャツ』。

実は、前回紹介したモンベルの”腹巻き”と一緒に購入していました。

売り場はジオラインのところではなく、ちゃんと自転車コーナーに置いてありました。

サイクリングに特化した肌着になっていて、コレがなかなか凝ったつくりをしてるんですよ!

サイクリングインナー・ウォーマーの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

ジオライン サイクルアンダーシャツとは

モンベル ジオライン サイクルアンダーシャツの特徴

上の説明画像を見ただけで「あっ、この肌着いいな」と思った方も多いのではないでしょうか?

なぜなら、冬用サイクルジャージのように背中の生地が薄手で通気性の良い素材になっているからです。

  • 前面と肩から腕は中厚手
  • 背面と脇の下は薄手
  • 腰が見えにくいロングテールデザイン
  • タイトシルエットで激しい動きにフィット

風を受ける前面と肩から腕部分にかけては、保温性重視の「ジオライン中厚手」を使用。

蒸れやすい背面と脇部分には速乾性重視の「ジオライン薄手」を使用。

サイクリングに理想的な保温性とドライな着心地を実現した高機能アンダーウェアです。

生地をみてみる

モンベル ジオライン サイクルアンダーシャツの前面は中厚手

前面は「中厚手」の生地。

手の指が透けない程度でそこまで分厚くありません。

モンベル ジオライン サイクルアンダーシャツの背面は薄手

背面は光で透けるくらい「薄手」の生地。

このため速乾性が高く、蒸れにくくなっています。

モンベル ジオライン サイクルアンダーシャツの脇の下

脇の下も薄手生地になっているのはポイントが高い。

さすがモンベル抜かりないですね。

モンベル ジオライン サイクルアンダーシャツは背面が長め

自転車用なので背面が少し長め。

前傾姿勢になっても腰が出ません。

着用してみた

モンベル ジオライン サイクルアンダーシャツを着用

身長171cmでMサイズがピッタリ。

見ての通り、タイトなシルエット、ストレッチが効いています。

着た瞬間、体の内部からじんわり温かくなりました。これはジオラインの特徴そのもの。

着心地は非常によく、チクチクしたり、縫い目が気になることもありません。

身丈が長いのでパンツインしても大丈夫です。

背中に感覚を集中すると涼しいのがわかります。

前面が温かいので背面が薄くても体感温度に影響は少ないです。

モンベル ジオライン サイクルアンダーシャツの腕周り

腕周りはタイトシルエットで腕にピッタリフィット、バタつきません。

ジャージに干渉しないので袖を通しやすい。

また、袖が長めにできているので手首までしっかり覆うことができます。

時々、肌着で9分袖とかあるんですけど、あれって寒いですよね?この辺の配慮も自転車用って感じです。

モンベル ジオライン サイクルアンダーシャツの上にウエストウォーマーを重ね着

冬の時期に走ってるとお腹周りが冷えてしまいます。

こんなときは、この肌着の上からモンベル「ジオライン ウェストウォーマー」を着用すると完璧!

もう冬は怖くない、無敵になった気分です(笑)

実際に走ってみた感想

冬のサイクリングウェア

この日の気温は10度前後。

以下の装備でサイクリングに出かけました。

  • モンベル サイクルアンダーシャツ
  • モンベル ウエストウォーマー
  • ユニクロ フリース
  • ナリフリ ウィンドブレーカー
  • パールイズミ 5℃ウィンドブレークタイツ
  • パールイズミ ネックウォーマ

10℃なら暑いくらいの装備かと思ったのですが、ちょうど良かったです。

わざと心拍数を上げて走ってみても体に熱がこもる感じがありませんでした。

体が暑くなってオーバーヒート気味になるんですが、そこからの放熱がすごい。

去年の冬、同じ状況だったらウィンドブレーカーのジッパーを開けて放熱していたはずです。

このアンダーシャツ効いている証ではないかと感じました。

また、逆に汗冷えしてしまうこともなかったです。

ちなみに、この装備の中でおすすめは「パールイズミ ネックウォーマ」です。

気温が10℃以下になると顔が冷たくて耐えられなくなります。

このアイテムが”防寒の要”になっているのは間違いない。

まとめ

背中の薄手生地は効果絶大、速乾性が高く、汗でのベタつきが気になりません。

適切な着用気温は、私の体感で5~15℃くらいかな。

冬の極寒期はもちろん、春秋もウェアの調整次第で活躍できます。

一つだけ欠点をあげるとするなら脱ぎにくいことでしょうか。

タイトシルエットなので仕方ないですが、腕周りが長めで細いので若干脱ぐのに手こずりました。

今までパールイズミのアンダーウェアを薄手と厚手で着回していましたが、もうこれ1枚で済んでしまいそうです。

2つの異なる生地を組み合わせているので手間がかかっているだろうな~と思います。

それに加えて、「袖のタイトシルエット」、「脇の下の薄手生地」、「背面の丈が長め」など形状が自転車の姿勢に合わせたものになっていて、細かいところにこだわりを感じます。

このことからも4,000円という金額は妥当だと思います。

これはもう”究極のサイクルアンダーウェア”といっていいのではないでしょうか!?

タイトルとURLをコピーしました