デジタル式のスポークテンションメーターなら数値をひと目で確認できる!

デジタル式スポークテンションメーター

これは『スポークテンションメーター』というツール。

スポークのテンションを管理するために使用します。

普通だとメーターはアナログなんですが、私が購入したものは”デジタル式”です。

わざわざ海外通販(Aliexpress)で購入しました。

そのかいあって数値が非常に見やすいから作業が捗ります。

自転車工具の売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

デジタル式スポークテンションメーターとは

デジタル式スポークテンションメーターでホイールのテンションを測っている

私がAliexpressで購入したテンションメーターは以下の商品です。

これにした理由は、注文数が多かったことと評価が高かったからという単純な理由です。

他にも「Spoke Tension Meter」で検索するとたくさん出てくるので興味のある方は探してみるとよいでしょう。

開封の儀

デジタル式スポークテンションメーターの樹脂製ケース

樹脂製のケースが付いてきます。

私が購入したときは6,500円ほどでした。

デジタル式スポークテンションメーター、ケースを開いた中身

スポンジとウレタンみたいなもので保護されています。

ケースなしも売っているようですが、安全に保管できるのであったほうが便利です。

デジタル式スポークテンションメーター、正面

塗装とか質感とか見るかぎり、結構よくできてるな~と思います。

デジタル式スポークテンションメーター、裏面

うしろはこんな感じ。

デジタル式スポークテンションメーター、デジタル画面とボタンの説明

  • インチとミリの切り替え
  • ON/OFFボタン
  • 数値を0にリセット

ボタン操作はシンプル、簡単に操作できます。

デジタル式スポークテンションメーターの電池はボタン電池LR44

電池はメーターの側面にあります。

ボタン電池LR44を1個使用します。

日本でも売っていて100均で購入することもできます。

張力換算表の用紙が付属。

画像はクリックで拡大できます。

スポークテンションを測ってみた

デジタル式スポークテンションメーターでスポークテンションを測っている

私のホイールは大体5.00mm付近のスポークテンションですね。

ひと目で数値を確認できるから、パパっとスポークを移動して測ることができます。

作業効率が非常に良いです。

ホイールを購入したとき、スポークテンションを最初に測って数値をメモしておけば、緩んだときすぐに戻せます。

デジタル式スポークテンションメーターとスポークのしなり

計測時はスポークが若干しなります。

こういうものなので心配はいりません。

おわりに

素人が感覚で振れ取りすると「ほんとにこれで大丈夫か?」と不安になります。

テンションメーターがあれば、数値で確認できるから、あるのとないのとでは安心感が格段に違います。

そして、アナログよりデジタル画面がおすすめ。

日本で買えないのは残念ですが、海外通販で取り寄せるだけの価値はあると思います。

興味のある方はAliexpressで注文してみてはいかがでしょうか。

海外通販が不安な方は、パークツールのテンションメーターを買っておけば間違いないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました