チェーンリングボルトを外そうとしたら「トルクス形状」という罠

トルクスレンチでチェーンリングボルトを外す

105クランクのチェーンリングを外そうとしたら、ボルトに六角レンチが入らない。

なんだか罠にかかった気分。

この星形のボルトは『トルクス形状』というらしい。

取り外すには”トルクスレンチ”が必要です。

六角レンチの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

トルクスレンチとは

Amazonで一番安いものを購入しました。

刃先は「T30」というサイズを選びましょう。

105クランクのボルト

FC-5750のボルトはトルクス形状

シマノのクランクはトルクス形状のボルトが多いみたいです。

とりあえず、5700、5800シリーズはトルクス形状でした。

サイズは「T30」を選ぼう

シマノ製のクランク、トルクスレンチはT30

シマノ製クランクの場合、刃先のサイズは「T30」で大丈夫です。

FC-5750のチェーンボルトにT30のトルクスレンチ

T30でぴったり。

ロングタイプだからトルクをかけやすい

ロングタイプのトルクスレンチ

チェーンリングボルトは固めに締まっていことがよくあります。

なので、よりトルクをかけやすい”ロングタイプ”のトルクスレンチを選びましょう。

柄が長いと手のひらでしっかり握れます。

早回しもできる

トルクスレンチを立てに持って早回し

2箇所で回せるので縦に持てばクルクルすばやく回せます。

ペグレンチは必須

シマノ ペグスパナ TL-FC21を使用

これは「シマノ ペグスパナ TL-FC21」です。

ペグレンチを使ってナット側をおさえることで空回りせず締められます。

まとめ

トルクスレンチはあまり頻繁に使うものではないので安いものでも十分

私が購入したのはAmazonで300円ほど。

トルクが掛けやすいようにロングタイプのものを購入しましょう。

タイトルとURLをコピーしました