リアディレイラーの傷をタッチアップして補修してみた

シマノのリアディレイラーRD-4700、転倒で傷が付いている

転倒して傷が付いてしまったリアディレイラーRD-4700です。

このままでは見栄えが悪いので”タッチアップ”して補修したいと思います。

自転車用ディレイラーの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

傷面を紙ヤスリで整える

リアディレイラー傷のアップ

傷付いた面がデコボコなので紙ヤスリで整えます。

リアディレイラーの傷を紙ヤスリで整える

紙やすりは「#200→#600→#1000」と番手を上げていきました。

水に濡らしながら擦ります。

画像のように滑らかになりました。

しかし、少しザラついていたほうが塗料が乗りやすいかもしれません。

アクリル塗料を塗る

MRホビーとタミヤカラーのアクリル塗料

今回は「MRホビー」や「タミヤカラー」などのアクリル塗料を使用します。

筆の汚れ落としに薄め液と塗装面の脱脂にシリコンオフがあると便利です。

タミヤカラーとMRホビーのアクリル塗料、ステンレス皿で色合わせ

色合わせをします。

塗料皿細めの筆は100均のものでも十分です。

リアディレイラーの色は濃い目のグレー。

ベースとしてブラック、メタリック感があるのでシルバーを混ぜました。

しかし、物足りずブルーを少し加えたらいい感じになりました。

絵の具の色合わせと同じ要領、少しずつ色を加えて調節していきます。

傷の補修完了

リアディレイラーRD-4700の傷をタッチアップ

完成です。

色が合うまで塗って拭き取ってを繰り返しましょう。

塗りたての塗料は「薄め液」や「パーツクリーナー」で簡単に拭き取れます。

リアディレイラーRD-4700の傷を補修

傷があったところが目立たなくなりました。

ほぼ問題ない範囲かと思います。

リアディレイラーRD-4700を手で持っている

遠目で見たらまず分かりません。

買い替えるほどの傷ではなかったので、タッチアップで対応できてよかったです。

タイトルとURLをコピーしました