フリーボディに使用したグリスの状態を確認してみる

モチュール、テックグリス300とフリーボディ

ホイールを取り外す機会が出来たので『モチュール テックグリス300』を使用したフリーボディ内が、その後どうなったか見てみました。

『モチュール テックグリス300』については↓こちらの記事で紹介しています。

自転車用グリスの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

モチュール テックグリス300とは

モチュールがレースで培った独自の技術により開発されたリチウム系グリスです。

自転車のカップアンドコーンハブ等の回転部に使用出来る高性能グリス。

熱、耐負荷性に優れフリクションロスを軽減させます。

フリーボディ内部

自転車ホイール、フリーボディの中身

約900km走行しています。

何だかグリスが黒っぽくなってる?

フリーボディのラチェット

フリーボディの爪

粘り気はまだまだあります。

爪にグリスがよく絡んでいます。

グリスが黒くなる原因は?

自転車のグリスや潤滑剤が黒くなる原因は?詳細は以下

最初は右の綿棒のように透き通った黄緑色でした。

グリスや潤滑剤が使っているうちに黒くなる原因は何か?

調べてみると・・・

添加剤が反応した結果だそうです。

艶のある黒は添加剤の反応による黒さ。

チェーンルブでもすぐにチェーンが真っ黒になるものがありますよね。

つまり、ただの化学反応なので問題ないです。

使用感

約900kmの使用ですがグリスが可動部によく絡んでいます。

かなり持ちがいいです。

グリスのちょう度、いわいる粘度が自転車の回転部にピッタリな仕様。

サラサラだとよく回転しますが耐久性がなく、ネバネバ過ぎると耐久性がありますが回転が渋くなります。

テックグリスはこの粘度が絶妙。

長持ちしてスムーズに回転してくれる理想のグリスです。

タイトルとURLをコピーしました