COOL KNOT(クールノット) 結ばない靴ひも|自転車のペダルに絡まない!

COOL KNOT(クールノット) のパッケージ

自転車を靴ひものあるシューズで乗ると大変危険。

靴ひもがペダルなどに絡まり転倒してしまうためです。

これは『COOL KNOT (クールノット)』という靴ひも。

パッケージに書いてあるとおり「結ばなくてもいい靴ひも」なのです。

靴ひもがほどけないので自転車を安全に漕ぐことができます。

紐のあるSPDシューズやフラットペダル用のスニーカーで活躍するでしょう。

靴ひもの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

クールノットとは

伸縮型靴紐、ワンペア2本入り。

販売開始から3年で累計260万以上を売り上げた「結ばない靴ひも」です。

COOL KNOT(クールノット) のカラーは30種類と豊富

30種類のカラーが用意されているので靴に合わせてコーディネートできます。

伸縮性抜群の素材

COOL KNOT(クールノット) ブラックのコブ

このコブを靴の穴に通すことで簡単に調整が可能です。

自分にぴったりな履き心地を実現してくれます。

COOL KNOT(クールノット) を引っ張って伸ばす

素材は「スパンデックス」というポリウレタン弾性繊維で伸縮性に優れています。

肌触りは繊維っぽい感じで非常に柔らかい。

Lサイズを購入

COOL KNOT(クールノット) Lサイズの長さ

サイズはMとLの2種類。

Lサイズの長さは伸ばさない状態で約75cmでした。

詳しいサイズは下の表をご参考ください。

サイズ早見表

COOL KNOT(クールノット) のサイズ早見表

Mサイズ (約50~55cm)

靴の穴が片側に5個(合計10個)以下の靴や小さなお子様の靴に。

Lサイズ (約75~80cm)

靴の穴が片側に8個(合計16個)以上の靴にお勧め。

装着マニュアル

COOL KNOT(クールノット) の取扱説明書

説明書が付属しているので目を通してから装着しましょう。

スニーカーにクールノットを装着する

COOL KNOT(クールノット) スニーカーの穴が片側7個

手持ちのスニーカーにクールノットを通していきます。

穴が7個なのでLサイズを選択。

COOL KNOT(クールノット) をスニーカーの穴に通す

穴に入れて引っ張ると伸びるのでスムーズに通すことができます。

またコブが靴の穴に引っ掛かるので簡単に抜けることはないです。

COOL KNOT(クールノット) スニーカーの6個目の穴まで通した状態

6個目の穴まで通した状態。

COOL KNOT(クールノット) スニーカーの7個目の穴まで通した状態

7個目の穴まで通しました。

ピッタリいい感じです。

ちなみにこのスニーカーは「NIKE TENNIS CLASSIC」です。

余った紐の収め方

COOL KNOT(クールノット) 余った紐の収め方

紐が長い場合は絡め通したり、中に折り込むとよいです。

まとめ

自転車シューズにクールノットを使用すれば転倒事故を防ぐことができます。

また、クールノットの魅力はなんといってもその伸縮性です。

紐が伸縮し、コブで締め具合を調整します。

普通の靴ひものように固い履き心地ではなく、伸び縮みするのでフィット感が断然良い。

靴の脱ぎ履きも楽ちんです。

自転車はもちろん、ランニングなどのスポーツ関係すべてに適した素材だと思います。

また「結ばない靴ひも」なので、子供や高齢者の靴にもおすすめ。

靴の装脱着時にヒモを結び直す手間がかかりません。

タイトルとURLをコピーしました