リムに優しいと評判のブレーキシューに交換してみました

BBBのブレーキシューBBS-26HP

ブレーキシューを『BBB BBS-26HP』に交換しました。

交換理由はシューに鉄片が刺さっていた為です。

硬いシューのせいかな?と思い、今回リムに優しいと評判のシューに交換してみました。

ブレーキシューの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

BBS-26HPとは

従来品と比べて制動力が30%アップした高性能ブレーキパッド。

カートリッジタイプでシマノなどのキャリパーブレーキに対応します。

前後ブレーキがセットになった2ペアセットです。

BBS-26HPの特徴

BBBブレーキシューの説明

  1. 砂や泥のかみ込み防止
  2. 雨天時の排水性アップ
  3. オーバーヒートを軽減
  4. 音鳴りの軽減
  5. 制動力の向上

ブレーキシューに鉄片が刺さる

ブレーキシューに鉄片が刺ささっている

ブレーキを掛けると「シャーッ」という嫌な音が・・・

ブレーキ周りをよーく調べてみるとブレーキシューに銀色の鉄片が刺さっていました。

この鉄片、塊が刺さっているように見えますが、実際は鉄粉が蓄積して塊になったもの。

このまま放おって置くとブレーキの度にリムがどんどん削れていってしまいます。

傷だらけのリムを磨く

自転車ホイールのリムの傷

リムに溝を掘るような傷が一周入っている状態(泣)

手で触るとザラザラしています。

ここはヤスリでリムを研磨することに。

ヤスリでリムを磨く

ホームセンターで買ったブロックサンダー

ホームセンターでブロックサンダーを購入。

こいつを適当なサイズに切って水に濡らしながらリムを研磨します。

今回#180を購入したのですが、あまりよく削れない。

もっと粗めの#120あたりの方がよかったかも。

ホーザン ラバー砥石 K-141

リムの研磨には、『ホーザン(HOZAN) ラバー砥石 K-141』とい専用品が売っています。

こちらを使うほうがおすすめ。

リムに優しいブレーキシューに交換!

BBBのBBS-26HPを色々な角度から見る

はじめはシマノ製のブレーキシューR55C4を検討していました。

しかし、BBBの「BBS-26HP」がリムに優しいというレビューを見かけたので試しに買ってみました。

シマノよりちょっと高めですが、リムが削れるよりはマシ。

BBBとデフォルトのシューを比較

BBBのBBS-26HPとデフォルトのブレーキシューを比較する

BBBと交換前のシューを比較。

BBBのシューはリムに当たる面積が大きいですね。

側面から見みると幅も太いのが分かります。

BBBのシューを装着

BBBのBBS-26HPをブレーキ本体のカートリッジにセットした

ブレーキのカートリッジにシューをセット。

シューの幅は太めでリムの幅とほぼ同じ。

シューのサイズが変わるのでクリアランスの再調整が必要です。

使用してみた感想

次のサイクリングで使用してきました。

交換前のシューよりブレーキが効くようになっていました。

前のシューがリムをガッチリ固めに挟んでいるとします。

BBBのシューは、グゥ~と効いて少しつぶれる感じ。

食いつきがよく、良く止まります。

リムに優しいことは間違いないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました