エアボーン スーパーミニポンプに延長チューブを組み合わせると超便利

ポンプアダプターとお助けチューブとスーパーミニポンプが並んでいる

携帯用空気入れは『エアボーン スーパーミニポンプ』を使用しています。

コンパクトだからサドルバックを圧迫せず、7気圧まで空気を入れることが可能です。

このスーパーミニポンプに”延長チューブ”を組み合わせることで使い勝手がかなり向上します。

出先でのパンク修理がとても楽になりますよ。

今回は「トライスポーツ お助けチューブ」と「グランジ ポンプアダプター」2点の延長チューブを紹介していきます!

携帯空気入れの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

エアボーン スーパーミニポンプとは

  • 長さ : 99mm
  • 重さ : 59g
  • 米式・仏式対応
  • 最大7気圧

手のひらサイズの携帯用空気入れです。

バックポケットやサドルバックにスッポリ収まります。

ボトルケージ台座に取り付け可能なブランケットが付属。

コンパクトながらも最大7気圧に対応。

小さな空気圧ゲージと組み合わせた記事は↓こちらで紹介しています。

延長チューブ 2点の詳細

グランジ ポンプアダプター

  • 全長:350mm
  • ポンプ側対応バルブ:仏式のみ
  • 自転車側対応バルブ:米式・仏式両対応

ホースが長いから楽な姿勢で効率よく空気が入れられます。

トライスポーツ お助けチューブ

  • 全長 144mm
  • 携帯ポンプ(米式)の延長チューブ(仏式)
  • 米式バルブのチューブには使用できません

チューブが最低限の長さなので持ち運びがしやすいです。

お助けチューブの使い心地

トライスポーツ お助けチューブの取り付け方

「エアボーン スーパーミニポンプ」の取付口は米式です。

お助けチューブの取付口は米式に対応しているのでそのまま接続できます。

しっかり締めないと空気漏れするので注意しましょう。

お助けチューブとスーパーミニポンプ

お助けチューブはチューブが最低限の長さしかありません。

チューブが短いので、空気の入れ方によってはチューブが折れ曲がってしまうことがあります。

お助けチューブとスーパーミニポンプでタイヤに空気を入れる

ポンプを画像のように立てたりして工夫することが必要です。

グランジ ポンプアダプターの使い心地

グランジ ポンプアダプターの取り付け方

「グランジ ポンプアダプター」はポンプ側の取付口が仏式です。

スーパーミニポンプの取付口は米式なので、スーパーミニポンプに付属している”変換アダプター”を間に挟んで接続します。

ポンプヘッド側は仏式と米式に対応しています。

グランジ ポンプアダプターとスーパーミニポンプ

グランジのポンプアダプターはチューブが長いので取り回しが楽。

お助けチューブと違って、ポンピング時に窮屈な姿勢にならないのでストレスが少ないです。

ただし、サドルバッグの容量を圧迫するのが欠点ではあります。

まとめ

ポンプアダプターとお助けチューブの長さを比較している

グランジ ポンプアダプター

  • チューブが長い
  • ポンプヘッドの使い勝手が良い
  • 持ち運びのとき邪魔

お助けチューブ

  • サドルバッグを圧迫しない
  • チューブが短いので取り回しが悪い

「ポンプアダプター」と「お助けチューブ」どちらでも7気圧くらいまでは問題なく空気を入れられます。

両方使用してみた感じだと、自分は「お助けチューブで十分かな」と思います。

ストレスなく空気を入れられるのは「ポンプアダプター」です。

しかし、そんなに頻繁に使用するものではありません。

持ち運びと最低限使用できることを優先すると「お助けチューブ」に軍配が上がります。

タイトルとURLをコピーしました