ロード系ミニベロの選び方|そのミニベロ、シート角が寝ていませんか?

giant idiom0

ロード系ミニベロについて色々とネットで下調べをしています。

ミニベロも奥が深くて選ぶポイントが結構あるようです。

スポンサーリンク

シート角に注意!

ロードバイクのシート角は「74°前後」です。

ミニベロはシート角が「70~71°」辺りの寝ているものが多い。

なぜかというと、ワンサイズで様々な身長に適合させるためシート角を寝かせているそうです。

シート角とは

ミニベロのシートアングル

上の画像でDの角度になります。

シート角が立っていると回転重視でスピードが出せます。

ミニベロながらロードに近い乗り味を出すことが可能。

逆にシート角が寝ているとトルク重視。

どちらかというとツーリングや街乗り向けです。

シート角が寝ていると何が問題か

ミニベロのシートアングルの比較画像

上の画像は「GIANT IDIOM0」と「GIOS PANTO」のシートアングルを比較したものです。

GIOSのシートチューブが後ろに寝ているのがわかると思います。

これではシートポストを伸ばすほど、サドルの位置が後ろに移動してしまいます。

シートチューブが寝ていると・・・

  • ポジションがまともにだせない
  • ペダリングに影響が出る
  • 速く走るのに向かない
  • 見た目がカッコ悪い

シート角が寝ているとポジション出しに苦労します。

ロード系ミニベロならシート角74°前後が選択肢になります。

シート角が立っているミニベロ

シートアングルが寝ていないミニベロ

シート角74°前後のミニベロは以下の4点。

まとめ

ヘリオンRとm451Rは、クロモリなので乗り心地がよいというレビューをよく目にします。

IDIOMとSurgeはアルミフレームなので反応が良くキビキビ走ってくれるでしょう。

m451RとSurgeは、700cと同じサイズのフォークを搭載しているのが面白い。

IDIOM0はコンポが新型ティアグラで、ホイールは下位モデルよりよく回るらしい。

一番剛性があって速そうなのはエアロフレームのSurgeですね。

コスパで選ぶとIDIOM0がよさげ。

小径車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました