レーパンのパッドで気をつけたいこと|表面加工に注意!

自転車のレーサーパンツのパッドが3種類並べてあります。

レーサーパンツのパッドには様々な種類があります。

今回注目したいのは「表面加工」についてです。

サイクルパンツの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

パッドの表面加工について

赤色でパッドに点状の凹みのあるレーサーパンツが写っています。

このレーパンは表面に丸い凹凸があります。

この凸凹のせいで長時間座っているとお尻の皮膚が非常に痛くなります。

当初、レーパンの履き方が悪くてシワの部分に座っているのかと思いました。

しかし、手で触ってみるとシワになっていないのです。

感触としては皮膚にシワの跡がついたような感覚になり不快。

パールイズミ SMTパッド

パールイズミのレーサーパンツSMTパッド

何種類かレーパンを持っていますがパールイズミのSMTパッドの具合がいい。

パッドに無駄な線や加工がないので皮膚が痛くなりません。

シンプルですが、なにげに3Dタイプのパッドより坐骨が痛くなりにくい。

まとめ

レーパンはパッドの形状と表面加工にも目を向けましょう!

パットが盛り上がっていたり、溝があったりでお尻や内股が痛くなることがあるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました