【自転車】エーゼットのおすすめ潤滑スプレー 3選

エーゼットの自転車用チェーンルブ3点

今回はエーゼットの潤滑スプレー3商品を紹介します。

自転車用オイルの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

KM-001とは

KM-001は例えるなら「KURE 5-56」みたいな感じです。

サラサラ系の潤滑剤。

サラサラなのでチェーンに使うとゴミを寄せ付けにくい。

そのぶん、効果切れははやく150~200kmごとに注油が必要です。

サイクリング毎にチェーンに吹き付ければ問題はないでしょう。

CKM-001とは

長期の潤滑・防錆に強そい。

手触りは、ほんの少しだけヌルヌルのベタベタが感じられます。

チェーンに使用するとサラサラなKM-001より、汚れはつきやすい感じ。

しかし、耐久性はこちらのほうがあります。

チェーンが滑らかになるので音も静か。

チェーンの他に固くて外れないネジに吹いてもいいし、各可動部の潤滑につかえる万能オイルです。

BIcS-004とは

『BIcS-004』は自転車チェーン専用のオイル。

高級エステルオイルと各種極圧剤をスペシャル配合しています。

潤滑・耐水性が抜群のオイルです。

石油系の余分な成分が入っていないので臭くない。

手触りがCKM-001よりさらに滑らかで、ベタベタがなくヌルヌルしています。

欠点は容量が少ないこと。

コスパは上の2つに比べると良くないです。

まとめ

チェーンから自転車の整備まですべてを一本で済ませたいならCKM-001で十分です。

あえてサラサラ系のKM-001を使うという手もあります。

しかし、余裕があればチェーン専用にBIcS-004を使用するのがよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました