【防寒対策】ダイソー インナーグローブを自転車用として使用する

100均 ダイソーのインナーグローブを自転車用として使用する

極寒期のサイクリングに備えてダイソーでインナーグローブを購入しました。

冬用グローブだけではグローブ越しに寒さが伝わってきてしまうことがあります。

とくに朝方出発すると指先がしびれるほど痛い(泣)

インナーグローブを冬用サイクルグローブの下に重ねて着用することで保温力のアップが期待できます。

サイクルグローブの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

ダイソーのインナーグローブとは

100均 ダイソーのインナーグローブは150円商品

ダイソーのインナーグローブは150円商品になります。

人体から発散された蒸気等の水分に反応し、発熱する素材を使用しているそうです。

ユニクロのヒートテックのような素材でしょうか。

100均 ダイソーぼインナーグローブを着用

着用した瞬間から暖かさを感じられます。

ストレッチのよく効いた素材でフリーサイズです。

成人の男性なら大体合うかと思います。

素材はアクリル50%、レーヨン31%、ポリエステル15%、ポリウレタン4%です。

冬用サイクルグローブの下にダイソーのインナーグローブを着用

上に冬用サイクルグローブを着用しました。

ダイソーのインナーグローブは手首が長くていいですね。

これなら袖口の隙間から風が入ってきても寒くありません。

冬用サイクルグローブの下にダイソーのインナーグローブを着用、手のひら側

上に着用するサイクルグローブは若干余裕のあるサイズでないと窮屈になります。

また、スキーグローブのような0度対応のサイクルグローブと併用すると昼には手汗がすごいです。

5~10度対応のグローブと併用すると丁度いいでしょう。

スマホ操作できないのが欠点ですが、グローブの上からでもスマホ操作ができる”指サック”があります。

詳しくは『防寒手袋をしてるのにスマホ操作が楽々!この指サックがすごい』で紹介しています。

グローブをしたままスマホ操作したい方にピッタリのアイテムです。

パールイズミのインナーグローブと比較

パールイズミとダイソーのインナーグローブが並べてある

パールイズミのインナーグローブは定価2,300円ほどします。

実売価格はもう少し安いですが、結構しますね。

パールイズミのインナーグローブについては『インナーグローブは指先がしびれてしまうような寒い日に効果抜群』で詳しく紹介しています。

せっかくなのでダイソーのインナーグローブと比べてみたいと思います。

パールイズミとダイソーのインナーグローブを片手にはめて比較

パールイズミのほうが指先の裁縫がきれいです。

あと細めの糸を使用しているのでダイソーより生地が薄くて手が動かしやすい。

パールイズミは肌触り、フィット感、品質どれをとってもダイソーより優れています。

さすがに150円商品と比べるのは酷でした。

パールイズミとダイソーのインナーグローブの生地を拡大して比較

生地を拡大。

パールイズミのほうが細かく編んでいるのがわかると思います。

ダイソーは伸ばすと肌が透けて見えてしまいます。

暖かさもやはりパールイズミのほうが上。

また、ダイソーと違ってパールイズミは蒸れたとき手汗が気持ち悪くなりません。

ダイソーのインナーグローブは買いか?

さすがにパールイズミのインナーグローブのほうが、あらゆる面で優れています。

お金に余裕があるならパールイズミを買ったほうが捗るでしょう。

しかし、パールイズミの価格が2,000円弱もすることを考えると、

ダイソーの150円で買えるインナーグローブのコスパは優秀です。

インナーグローブをしないよりは、したほうが断然暖かいので試しに購入するにはいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました