シマノ SH-M089 (SH-ME3)|人気の定番SPDシューズをレビュー

シマノのSPDシューズSH-M089LE

SPDシューズの定番『SH-M089』を紹介します。

※現在は後継モデルの『SH-ME3』が発売されているのでこちらがおすすめです。

自転車用シューズの売れ筋ランキングはこちら

スポンサーリンク

SH-ME3(SH-M089)とは

スペック

製品名SH-ME3
素材アッパー:シンセティックレザー+メッシュ素材
クリートSPD対応 (SPD-SLには使用できません)
サイズ36~48 (22.5~30.5cm)
カラーブラック/ホワイト、グレー/イエロー
参考重量642g (サイズ40)
価格15,000+税

人気SPDシューズのNEWモデル。

歩行可能なSPDシリーズのシューズの中でも柔らかめのアウトソールで使いやすい。

ベルクロ+クリックロックを採用しています。

マットな質感のブラックでスタイリッシュなルックスに仕上がっています。

EVAミッドソール+ラバーソールにより快適な歩行が可能です。

SH-M089を購入した理由

本格的なロード用シューズではなくMTB用に分類されます。

クリートはSPD-SLではなくSPDを使用します。

SPD-SLでは歩きにくくて歩くとクリートが消耗してしまいます。

しかし、SPDの場合はスニーカーのように歩くことができるのです。

コンビニや道の駅、観光地を歩き回る私にはMTB用のSPDシューズがピッタリなんです。

開封の儀

シマノのSPDシューズSH-M089LEはラチェット締めタイプ

質感・品質が非常に高いです。

チープさがなくしっかり作り込んでありますね。

シマノのSPDシューズSH-M089LEにはクリートナットが付属しています。

クリートナットが付属します。

シマノのSPDシューズSH-M089LE、靴底のクリート穴

クリートの調節穴が長めで調節の範囲が広がります。

シマノのSPDシューズSH-M089LEのラバーソール

ラバーソールはM088に比べ低くなっていて歩きやすくなりました。

シマノのSPDシューズSH-M089LEは踵に反射材がある

かかとに反射材があります。

シマノのSPDシューズSH-M089LEは踵のホールド感が良い

かかとをしっかりホールドすることができます。

シマノのSPDシューズSH-M089LEのベルクロ部分

ベルクロ&ラチェット締めタイプです。

真ん中のベルトだけ逆向きになっています。

シマノのSPDシューズSH-M089LEのインソール

インソールは厚め。

シマノのSPDシューズSH-M089LEのインソール裏側

そして若干固めです。

シマノのSPDシューズSH-M089LEの内側

底は樹脂で非常に固く頑丈になっています。

シマノのSPDシューズSH-M089LEの片足の重量を計測、詳細は以下

片足が383g

シマノのSPDシューズSH-M089LEの両足の重量を計測、詳細は以下

両足で765g

履いてみた感想

かかとのホールド感がよいのでペダリング中にかかとが浮き上がることがないです。

ベルクロも交互に締め込むようになっていてガッチリ固定できます。

また、普通のスニーカーと変わらずに歩き回ることができます。

サイズについて

私は普段27cmのスニーカーを履きます。

シマノのサイズ表では43の27.2cmになります。

しかし、店舗で試着すると43では窮屈でした。

試しにサイズ44の27.8cmを履いてみると適度な余裕がありピッタリ。

あと幅広モデルがあるので「甲高幅広の日本人にはワイドタイプ」がいいです。

だから、購入したのは44E(幅広モデル)というものになります。

ウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
週末サイクリング部
タイトルとURLをコピーしました